没落令嬢なのに第2皇子に求婚されています

白井杏花

公爵令嬢・セシルは、全てを失った。両親も、爵位も、居場所さえも。行くあてもなく、寒空の下で夜明けを待っていた時。「僕と結婚してください」――そう言ってセシルに手を差し伸べたのは、第2皇子・ルイスだった。幼い頃にたった一度、言葉を交わしただけなのに。「愛している」と告げる彼の眼差しは、あまりに優しくて……?

チラ見せ!

  • 1

    Story.1①

    7961

    2023/9/14
  • 2

    Story.1②

    8180

    2023/9/14
  • 3

    Story.1③

    8535

    2023/9/14
  • 4

    Story.2①

    6933

    2023/9/14
  • 5

    Story.2②

    6731

    2023/9/21
  • 6

    Story.2③

    5975

    2023/9/28
  • 7

    Story.2④

    5781

    2023/10/5
  • 8

    Story.3①

    4990

    2023/10/12
  • 9

    Story.3②

    4774

    2023/10/19
  • 10

    Story.3③

    4560

    2023/10/26
  • 11

    Story.4①

    3930

    2023/11/2
  • 12

    Story.4②

    3620

    2023/11/9
  • 13

    Story.4③

    3711

    2023/11/16
  • 14

    Story.4④

    3552

    2023/11/23