「ただ、二人でいたかっただけなのにーー」 植物の声を聞き、草花を食み生きる青年・千里。彼は神の遣い・「神祇の守り人」として、穢れ零ちたカミを斬る役目を果たすべく、狐の志乃と旅を続けている。すべては愛する人の受けた呪いを解くためにーー。

チラ見せ!

  • 1

    第1話①

    7034

    2019/10/5
  • 2

    第1話②

    6911

    2019/10/5
  • 3

    第1話③

    7150

    2019/10/5
  • 4

    第1話④

    14857

    2019/10/5